ホットヨガ LAVA CALDO

LAVAとCALDO徹底比較

ホットヨガを世に広めた立役者であるLAVAと、ヨガ初心者向けからベテラン向けまで豊富なプログラムが魅力のCALDO。どちらも急激に店舗数を伸ばしています。自宅や職場に両方のスタジオがある場合、どちらに入会しようか迷ってしまいますね。LAVAとCALDO、どちらを選べばいいのか徹底比較してみましょう。

 

スタジオ数ではLAVAの圧勝

2014年9月現在、LAVAの店舗数は全国に130店舗あり、業界最大手を誇っています。初めは首都圏を中心に展開していた新店舗も、今では北海道や九州、海外まで範囲を広げており、好調な人気ぶりがうかがえますね。

 

スタジオの数が多いので、自宅や勤務先の最寄駅、あるいは通勤までの途中駅などで、スタジオがあるところがポイント。ホットヨガを続けるうえで通いやすさは不可欠です。どんなに充実したプログラムがあっても、家から遠いと、通いにくくなるものです。仕事がない休日や、仕事帰りなどでも通えるエリアでスタジオを探してみましょう。

 

CALDOの月会費は驚きの価格!

LAVAもCALDOも、スタジオによって料金は異なりますが、両者のホームページを比較してみると、CALDOの方が、圧倒的に価格が抑えられていることがわかります。
例えば、渋谷の店舗で比較してみましょう。
全営業時間利用できるフルタイム会員の料金はLAVA渋谷店で15,300円なのに対し、CALDO渋谷は9,975円です。渋谷という家賃の高い立地にありながら、1万円以内でホットヨガができるのはうれしいですね。

 

今まで高額な月謝を理由にホットヨガを諦めていた方も、利用しやすいのではないでしょうか。また、CALDOは加圧トレーニングやフィットネスジムを併設しているので、ホットヨガとスポーツジムの両方にチャレンジしたい方にもおすすめです。

 

LAVAの「プラス1」制度で通いやすさアップ

LAVAでは2014年4月より、2店舗通える「プラス1」制度の導入を開始しました。これによりマンスリー会員の方は、今通っている店舗のほかにもう1店舗通うことができます。

 

例えば自宅近くのスタジオに通っている方は勤務先近くの店舗を登録し、仕事帰りでも休みの日でも、利用しやすい方のスタジオでレッスンを受講できますね。もしくは通いやすい店舗2店舗登録して、自分が受講したいレッスンを選ぶこともできますし、2店舗のレッスンを比較して時間の都合が合う方のレッスンを受講することもできます。

 

以上を踏まえると、1店舗の価格で2店舗利用できるLAVAが一番通いやすいのではないでしょうか。気になった方は、一度体験してみてご自分に合う方のスタジオを選びましょう。

 

≫東京都内のホットヨガスタジオ人気ランキングはこちら≪