ホットヨガ 東京 体験

ホットヨガの服装や準備するもの

ホットヨガの服装や準備する物

 

ホットヨガのレッスンに行くときに必要な持ち物や、服装についてご紹介します。

 

ホットヨガレッスン 持ち物リスト

 

・バスタオル
・フェイスタオル
・替えの下着類
・水(1リットル以上)
・ヨガウェア上下
・スキンケア用品

 

レッスン開始前に、受付でスタジオ所有のバスタオルとフェイスタオルを貸し出してもらえますが、これはあくまでレッスンで使用するものなので、レッスン終了後、シャワーを浴びた後に使用するバスタオル・フェイスタオルを忘れないようにしましょう。

 

レッスン中は、ヨガウェアはもちろん、身に付けている下着も汗を吸い取っているので、レッスン終了後に着用する替えの下着も持参します。また、常温のヨガよりも大量の汗をかくので、レッスン中の水分補給は不可欠です。

 

水は60分のレッスンで1リットル、90分のレッスンで1.5リットル程度を飲むようにしましょう。なお、レッスン中に水を飲むタイミングはインストラクターから指示がありますが、基本的には自分が飲みたいと思ったタイミングで飲んでも構いません。

 

ほとんどのスタジオでは、パウダールームに市販のメイク落とし・洗顔料・化粧水等が用意されています。こうしたスキンケア用品が肌に合わない場合は、普段使用しているスキンケア用品を持参しましょう。

 

「動きやすい服装」とは
実際にスタジオに行くと、本格的なヨガウェアを着用している人もいますが、基本的には手持ちのTシャツやハーフパンツなどの動きやすい服装であれば大丈夫です。わざわざヨガウェアを購入する必要はありません。

 

入会してレッスンを続けていくうちに、他の方の服装を参考にしてみても良いでしょう。
できれば、速乾機能のある服装がおすすめです。ヨガウェア専門店以外のお店でも販売されているので、お気に入りのデザインのものを探してみましょう。

 

ほかに必要な物
通常のレッスンではバスタオルを敷いてレッスンをしていますが、ヨガマットを使用するプログラムもあるので、ホットヨガスタジオに入会することが決まったら、ヨガマットを同時に購入すると良いでしょう。

 

大量の汗をかくので、手のひらや足の裏がすべりにくいヨガマットを選びます。ホットヨガスタジオでは他にも美容系やダイエット系のドリンク、グッズなどがたくさん販売されていますが、レッスンで使用する物でなければ、基本的には購入する必要はありません。

 

よく吟味して必要だと判断した場合のみ購入すると良いでしょう。こうしたアイテムは、あくまでホットヨガの効果を補完するものであって、確実に効果があるという保証はないことを念頭に置いておくことをおすすめします。

 

≫東京都内のホットヨガスタジオ人気ランキングはこちら≪